江東区清澄白河の治療院、金の指・銀の指|整体、整骨、はり灸、エステ
【営業時間】10:00~21:00/予約最終受付20:00【定休日】年中無休

骨盤が開く倒れるって?

骨盤が開く、倒れるって?金の指銀の指

私達治療家にとっては、当たり前に言っていることでも、一般の方には骨盤のどっちが前で、どっちが後ろなのか、横から見て、どっちに傾けば倒れている事なのか?全然わかっていない時がよくあります。
同じ整体でも、お客さんがわからないことを良いことに、全然矯正されていないのに、矯正されましたという、なんちゃって骨盤矯正も溢れています。
そのなかには、ちゃんとした見立ても出来ず、真逆に骨盤を矯正してるところだってあるのです。
このコラムでは、解りやすく骨盤の事を説明しています。

そもそも骨盤が開くって?倒れるって?

 これが骨盤を後ろから見た絵です。お尻側です。

骨盤が開くと言うことの説明

骨盤が開くと言うことの説明

 真ん中に仙骨という骨があり、その両サイドに骨盤があります。

真ん中の仙骨という骨から、両側の骨盤の骨が外側に広がり離れた状態を【骨盤が開く】 というのです。

骨盤が開くということの説明

骨盤が開くということの説明

急には開かずとも、普段の生活でじわじわと開いています。

・普段の下腹部の緩み

・股関節の内旋(内側へ回る)

・出っ尻(立っている時、座っている時)

・長時間、足を組む

・もも前の筋肉の過緊張

・便秘

・女の子座り

・横座り

・横向きで寝ることが多い

・複式呼吸

これらの要因で、骨盤は開いたままになってしまいます。

当然外側に広がれば、お尻も大きくなり、股関節も開きづらくなります。

太ってもいないのにズボンがきつくなったり、腰より下の所(仙腸関節)が痛くなったりするのも、骨盤の開きが原因かも知れません。

 

次に、骨盤を横から見た絵です。

骨盤が倒れるっていうことの説明

骨盤が倒れるっていうことの説明

向かって右がお腹側、左が背中側です。

お腹側に骨盤が回転することを【骨盤が倒れる】 というのです。 

前傾するとも言います。

骨盤が倒れるっていうことの説明

骨盤が倒れるっていうことの説明

こうなると、下腹が出っ張ったり、腰の1番下の所(腰椎の4番や5番の関節)が痛くなったり、出っ尻になったり、股関節が開きづらくなったり、と大変です。

 慢性腰痛や、背中の丸み、正しい姿勢を作ることができない原因になります。

骨盤を矯正するとは、何をする事なのでしょう?

1,倒れた骨盤を起こす。

骨盤矯正 金の指銀の指

2,開いた骨盤を閉じ締める

骨盤矯正 金の指銀の指

以外にシンプルです。

骨盤をお腹側からも締めて、お尻側からも締めたりします。

骨盤矯正 金の指銀の指

骨盤が正常な位置にすることで、何が良くなるのでしょう

【1】下腹部を締めやすくなる

 締めやすくなるということは、姿勢の基盤を作ることに繋がります。

 骨盤が前や後ろに倒れていれば、その上の背骨に影響します。

 猫背やストレートネック、内巻き肩などなど、たくさんです。

【2】重心が正しい位置にくる

かかと体重、かかと重心を作り出すのは、骨盤の位置に関係してきます。

特に、立った時のかかと体重は、すべてを駄目にします。

【3】股関節が動やすくなる

骨盤が前に倒れていると(前傾、反り腰)、股関節は開きづらくなり、骨盤が後ろに倒れていると(後傾、丸い腰)、股関節は閉じづらくなります。

これらは、全て動作や、歩き方に関係し、歩き方が悪くなれば、全身の筋力や、関節にも影響を与えます。

長い年月を経て、様々な症状へと変化していくのです。

変形性膝関節症、腰椎分離症、変形性股関節症、頚椎症、病名をあげれば、きりがありません。それほど、全身に影響を与えるということです。

大事なのは、骨盤が正常に戻ってからの下腹部指導や姿勢指導になります。

 骨盤の矯正しただけでは足りない人には、骨格治療整体で下腹部の締め方指導や、姿勢の作り方指導を丁寧に行っています。

 

東京の江東区清澄白河にある当サロン金の指銀の指では、

骨盤を重要視しています。

骨盤矯正をするメニューとしては、

 ■骨盤矯正

■骨格治療整体

これらのメニューがオススメです。

詳しくはメニューからご覧いただけます。

正しい姿勢の作り方を詳しく動画で知りたいという方は、
メルマガ登録すると見ることができます。こちらから。

正しい姿勢の作り方 説明動画